100年を祝おうロゴ週報タイトル

【週報】平成16年7月28日 第905回例会 第894号
会長:柿沼 常夫 副会長:中村 義英 幹事:原田 毅 会報委員長:小林 雅純

<2004−2005年度テーマ>
ロータリーを祝おう RI会長 グレン E・エステス・シニア
ロータリーは三気(元気,やる気,根気)をもって奉仕活動を 2580地区ガバナー 小堀 啓介
Brush Up ロータリー クラブ会長 柿沼 常夫

本日の卓話
 「再び:イニシエーションスピーチ」

    長谷川 正雄 君
      紹介者 笹生 貞介 君

次回卓話予定
 「私のホテル人生」

    鈴木 庸夫 君
     紹介者 松本 勝太郎 君


前回の記録

【会長報告】<柿沼 会長>
・驚く程の暑さが続きます。暑中お見舞い申し上げます。
・沖縄地区大会の案内が来ています。8月末に配布いたします。9月30日迄に出欠を出します。11月14・15日を日程に入れて下さい。
・「友」より新たにインターネット速報が来ています。コンピューターを使わない会員のための新たな情報です。ご利用下さい。
・この例会からロータリー情報委員会で約5分間勉強の時間をやっていただきます。楽しみにして下さい。


【幹事報告】<原田 幹事>
・東京池袋西R.C.から30周年記念誌が送付されています。クラブ事務所にありますのでご覧下さい。
・例会臨時変更のお知らせが来ています。
東京豊島東R.C. 東京江戸川R.C. 東京中野R.C.
東京臨海R.C. 東京ベイR.C. 東京臨海東R.C.
以上6クラブより変更届けが来ていますので、必要な方はクラブ事務所でご確認下さい。


【委員会報告】
《職業奉仕委員会》−上原 委員長−
・「私の職業II」というタイトルで皆様の職業を紹介し、交流がはかればと考えています。ワード等の電子データで岩戸さんのメールアドレス「s-iwato@tctv.ne.jp」まで送付して下さい。10月27日のガバナー訪問に配布を考えておりますので、A4 1枚を限度とし、8月末日までにお願いいたします。
《地区青少年交換委員会》−太田 委員−
・7月18日と7月19日の2日間、来年度派遣学生の選考がありました。古宮ガバナーエレクトと斉藤地区副幹事にもご出席いただきました。応募学生は26名で12名の派遣予定学生が決定しました。1年間オリエンテーションの後、来年8月に各国へ派遣されます。
《ロータリー情報委員会》−植木 委員長−
ポールハリスの生い立ち
 ロータリーの創立者は、弁護士ポール・ハリスである。ロータリー創立の経緯を知るには、その基本的アイディアを生み出したポール・ハリスの考え方を知らねばならない。その考え方を知るには彼の生い立ちを知るのが一番良いと思う。
 ポール・ハリスは1868年に、アメリカの東北部ニューイングランドのバーモント州ウオーリングフォードに生まれる。3才の時、父親ジョージが事業に失敗し倒産したため一家は離散し、ポールは祖父ハワード・ハリスのもとに引き取られた
 幼児期の性格形成に大きな影響を与えた人の一人に、祖母のパメラがいる。彼女はポールの良き理解者であり、教育者であった。祖母パメラとは常に心の通い合う仲であったという。次に、伯母の夫の医師ジョージ・フォックスがいる。この人は患者の救済に献身的で、治療の請求などには目もくれなかったといわれ、人のために奉仕しようとするこの伯父の生活態度が、幼いポールに大きな影響を与えたといわれている。第三番目として、名前は伝わっていないが、園芸家。人生のこと自然のことを夢のように語り伝える能力を持っていたといわれ、この人の影響を受けてポールは後年、格調の高い美文をもって、ロータリー思想を説くことができるようになったとチェスリー・ペリが述べている。
 ポールは、バーモントの幼年学校を卒業し、バーモント大学に入学するが中途退学し、1988年名門プリンストン大学の試験に合格する。翌年祖父の死亡に伴い、大学を中退し故郷に戻り、大理石会社で働く。一年近く働いたポールは祖母と相談し、アイオワ州立大学に入学し、卒業後弁護士試験に合格、1896年であった。
5年間の放浪生活
 卒業式当日、祝辞を述べに先輩弁護士が「卒業生は仕事にすぐかからず、5年位は社会勉強のため諸国遍歴の旅に出たらどうか」との言葉通り、ポールは本当に放浪の旅に出ます。アメリカはもとより、英国にも2度、欧州各国を働きながらまわり、キューバはバハマ諸島にも足をのばします。4年9ヶ月の放浪の間についた職種は次のようなものでした。農産物作業員、大学講師、新聞記者、通信員、演劇俳優、ホテル夜勤事務員、セールスマン、家畜運搬船水夫、オレンジ梱包・出荷作業員、大理石販売員、大理石採石場調査員、等々。
 5年の歳月も終わりに近づいた頃、ポールはシカゴで弁護士開業を決心し、働いていたジャクソンビルのクラーク大理石会社にも辞職を申し出ます。クラークはポールの人柄を惜しみ、「ここで一緒に仕事をすれば、金を儲けることができるのに」と引き留めようとします。「そうかもしれない。しかし私はシカゴに金儲けに行くのではない。人生を生きるために行くのです。」
 1896年早春、ポールは28才になっていた。

東京新南ロータリークラブ 田辺賢三氏著 「ロータリーが志すもの」より

【来訪者】
ゲスト 0 名    ビジター 0 名
【出席報告】
総数 53名, 出席 39名, 欠席 9名, 出席率 81.25%
(休会 2名、免除 3名)
第902回 修正 2名欠席 , 出席率 95.
83%
 
【ニコニコボックス】

■中村君
初孫が誕生しました。やっとと云う感じです。おじいさんの仲間入りが出来ました。
■藤野、植木、吉沼、大塚、長沼、松崎、永井君
初孫おめでとう。
■職業奉仕委員会 上原、長堀君
10月27日のガバナー訪問までに「私の職業」とういタイトルで、皆様の仕事の紹介集をまとめたいと思います。ご協力のほどよろしくお願いいたします。

■岩戸君
16年間100%出席の表彰をいただきまして、誠にありがとうございました。
■井田、永井、宮村、大塚、鈴木、片倉、松本(剛)、藤田、藤野君
猛暑、お身体大切に。
■伊石君
今期、初出席です。頑張ります。メーキャップはしております。
原田さん写真ありがとうございました。

【卓  話】
「クラブ協議会」
・各委員会より下期活動の報告がありました。


【ロータリーいろは −25− 】 〜ロータリーをより知るために〜

ロータリー推進月間


7月
8月
9月
10月

11月

12月

識字率向上月間
会員増強および拡大月間
新世代のための月間
職業奉仕月間
米山月間
ロータリー財団月間
世界インターアクト週間


1月
2月


3月
4月
5月
6月

ロータリー理解推進月間
世界理解月間
ロータリー創立記念日
家族週間(第2週)
世界ローターアクト週間
ロータリー雑誌月間

ロータリー親睦活動月間
R.I.国際大会

参照:「ようこそロータリーへ」国際ロータリー第2650地区ロータリー情報委員会
<ロータリー情報委員会 植木、松井>