100年を祝おうロゴ週報タイトル

【週報】平成17年6月15日 第946回例会 第932号
会長:柿沼 常夫 副会長:中村 義英 幹事:原田 毅 会報委員長:小林 雅純

<2004−2005年度テーマ>
ロータリーを祝おう RI会長 グレン E・エステス・シニア
ロータリーは三気(元気,やる気,根気)をもって奉仕活動を 2580地区ガバナー 小堀 啓介
Brush Up ロータリー クラブ会長 柿沼 常夫

本日の卓話
   「クラブ協議会」

  −次年度事業計画発表−

次回卓話予定
   「宇宙とロータリー」

    杉田 精司 様
       紹介者   柘 俊徳 君

前回の記録

【会長報告】<柿沼 会長>
・本日は戸田一誠パストガバナーにおこしいただき「ロータリー・どこへ行くか」と題し卓話をしていただきます。お忙しいところありがとうございます。大変楽しみにしております。
・新入会員の鈴木康史君の入会式を行ないます。大歓迎いたします。
・地区Weekly NewsにエステスRI会長からの「ロータリーはそこにある」と題したメッセージが載っています。お読みしたいのですが時間がないので後ろのパネルにはりました。是非お読み下さい。

【入会式】
 鈴木康史 君

【幹事報告】<原田 幹事>
・本日例会終了後、新旧合同理事会を開催します。この会場で行いますので、関係者はお残り下さい。
・国際ロータリー2004年国際大会(関西)記録DVD・CD-ROMが送られてきました。希望者には1セット1000円で頒布いたします。
・ボリショイサーカス特別割引券を配布します。

【理事会報告】
<報告事項>
1.5月度会計報告…… 承認
2.浅草墨田公園・花の名所作りイベント協賛経過報告…… 承認。なお、クラブTシャツ若しくはポロシャツを作成。
3. 親睦委員会・旅行同好会結成の件…… 承認
<審議事項>
1.筑波エクスプレス浅草駅記念モニュメント(浅草寺鬼瓦) 浅草クラブと合同で寄付の是非…… 基本的に承認。銘版等に鬼瓦の由来等を明記させる。
2. 磯部君退会届承認の件…… 受理を承認

【第三回被選理事・役員会報告】
<議題>
1.年間予定の件   ★2005−06年度年間予定表参照…… 承認
・ガバナー公式訪問    平成17年10月26日(クラブ協議会)
・地区年次大会       平成18年1月31日・2月1日
・3クラブ合同例会      平成18年2月8日(浅草・上野・浅草中央)
・北分区I.M.         平成18年3月14日
・R.I. 世界大会       平成18年6月11〜14日
・例会休会 振替休会   平成18年2月1日(1/31.2/1地区年次大会の為)
                 平成18年3月15日(3/14 I.M.の為)
・祭日休会          平成17年11月23日(勤労感謝の日の為)
                 平成18年5月3日(憲法記念日の為)
・休   会          平成17年8月17日(夏休み旧盆の為)
                 平成17年12月28日(師走年末の為)
                 平成18年1月4日(正月の為)
                 平成18年3月22日
★総例会回数 44回、内、浅草ビューホテルでの例会回数   44回
★基本的に毎月第4例会を夜間例会とする(着席)
2.2005−2006 年度 予算案の件…… 承認
3.・役員変更の承認  鈴木康史君―― 親睦
               園部容弘君―― S.A.A.
  ・20周年記念事業について
  ・その他

【委員会報告】
《ロータリー情報委員会》−植木委員長−
・今日はロータリー情報委員会として、先月迄毎月第3例会に実施してまいりました朗読について、簡単にまとめということでお話しをさせていただきます。朗読の時間の話ですので朗読というかたちをとらせていただきます。
 柿沼会長の方針に添い、それは正しいロータリー情報教育の充実ということでしたが、そのための教材として東京新南R.C.会員田辺賢三氏の「ロータリーが志すもの」という著書のうち、時間の関係で1905年〜1923年に至る初期のロータリー史について学習してきました。著書はこの先「日本ロータリー史」そして「ロータリーの組織と運営」と続き終了致しますが、時間の関係で初めの部分のみで終わりました。
 1章節が7分前後で読み終えるので都合良く、採用させて頂いた訳ですが、今後ロータリーを勉強しようと思った時の参考迄に、何から勉強したら良いのかという一例をお話ししておきたいと思います。
 初めに【1】ロータリーの歴史、次に【2】日本のロータリー史、【3】ロータリー思想の理論構造、次は【4】ロータリー組織の理論構造、最後に【5】奉仕の実践として(イ)社会奉仕、(ロ)国際奉仕、(ハ)職業奉仕と順序立てて学んでいくと、ロータリーとはということがより良く見えてくると思います。
 特に【1】のロータリーの歴史ですが、イギリス・ケンブリッジ大学の法制史学家ウイリアム・メイトラー教授(1850年〜1906年享年56才)は、我々が歴史を学ぶのは、単に過去を追憶するのではない。過去を正しく理解することによって、過去を正しく理解する事ができる。現在を正しく理解することによって未来を正しく展望することができる。従って歴史を学ばないものには、現在そして未来を語る資格はないと断言しています。そういう訳で一年間、ロータリーの初期の歴史について学習してきましたが、このことは全てに通じると思います。
 昔の人のことばに、少年にして学べば壮年でなすことあり、老年にして学べば死して終らず。今年を契機に、更にこの先を学んでいただければと思います。私などは遅きに過ぎた感がありますが、今頃になってロータリークラブの素晴らしさに気付き、人生の生きがいを感じている次第です。一年にわたる朗読が、何らかの形で皆様のお役に立てたなら幸いです。
 一年間のお付き合い、誠にありがとうございました。

《親睦委員会》−井田委員長−
・「第4回思いやり亭開催」 どんどこどんカバナー賞受賞祝と園部新入会員の歓迎会を兼ね、本日、18:30より川松別館にて開催します。本日現在、ゲストの方々を含み29名の参加となっております。
・「親睦旅行会」 7月3〜4日、鴨川温泉への旅行会は現在24名の方々の申込みをいただいております。新年度に入ってしまっておりますが、日程調整のうえ、多くの方々の参加をお待ちします。

《社会奉仕委員会》−吉沼次期委員長−
・浅草・隅田公園花の名所づくりイベントのお知らせ。当クラブと台東区の共催で、7月10日に開催されます。彼岸花の球根1万個を植えます。全員参加という事で、お願いします。

《地区青少年交換委員会》−太田委員長−
・6月4日(日曜日)新宿・東放学園で来年8月に派遣される高校1・2年生に留学生試験のための説明会がありました。今月に締切り、来月7月に筆記・面接試験・両親面接・心理テストが行なわれ、約10名が決まります。6月11日(土)は、オリンピックセンターで、今年夏に帰国する、来日している学生の帰国前の報告会が行なわれます。

《ゴルフ同好会》−松井会長−
・ゴルフ同好会総会を、6月16日(木)川松別館にて6時30分より開きます。出席者は現在12名ですが、欠席の人には委任を受けたとの事で処理させていただきました。

【来訪者】
ゲスト 2 名     ビジター 3 名
【出席報告】
総数 52名, 出席 38名, 欠席 10名, 出席率 79.17%
(休会 1名、免除 3名)
第943回 修正 2名欠席 , 出席率 95.
65%

 
【ニコニコボックス】

■大塚、山尾、小林(雅)君
・年間100%出席の表彰をいただきまして、誠にありがとうございました。
■植木、小林(雅)、宮村、永井、井田、斉藤、宮沢、天笠、藤田、松崎、山尾、柿沼、原田、園部、松本(剛)君
・戸田パストガバナーさん、ようこそ!! 本日の卓話楽しみにしております。
■鈴木康史君
・本日より入会させて頂きます。前任者同様よろしくお願い致します。
■柿沼、原田君
・鈴木さんの入会を心より歓迎いたします。

■太田君
・吉沼さん、タイガースグッズありがとうございます。今日国立競技場でサッカーのパブリックビューイング応援ですがんばってきます。
■遠藤君
・今日は所要につき、早退いたしますのでよろしくお願いします。
■大塚君
・吉田さん、長谷川さん、伊石さん、吉沼さん、先日の蔵前神社例大祭では大変お世話様でした。お陰様で典儀という大役も滞りなく申し納めました。

【卓 話】
 

 「ロータリー何処へ?」

   東京練馬西ロータリークラブ
            戸田 一誠 様


1.RIの実情と動向、ゾーンの意味・活動
(1)RIの実情と動向:RIは確実に集団の力による外形的な社会奉仕活動重視の方向を向いているが、まだまだそれに対する批判的な勢力も失っていない。
・理事会(2004-2005年度):現在の構成メンバーは20名。会長×1、会長エレクト×1、副会長×1、財務長×1、事務総長×1、理事×15に依って構成。国別では、アメリカ×8(ステンハマー会長エレクトをアメリカとすれば実質は9)、スウェーデン×2(ステンハマー会長エレクトをアメリカとすれば実質は1)、UK×1,フィリピン×1、カナダ×1,フランス×1、インド×1、日本×2(南園、田中)、ブラジル×1、コロンビア×1、オランダ×1
・このほか、RIBI役員として、会長×1(今年はスコットランド)、副会長×1(イングランド)、名誉財務長×1(イングランド)、直前会長×1(イングランド)。
・日本人理事にとって基本的には言葉の障壁が問題。
・英語圏以外の理事の発言が終わると、同時通訳用のヘッドセットをはずして隣の人と小声で雑談を始めるものがあると聞いて驚いたが、昨年大阪大会で、8割方の外国人がラジオを持たずにいた姿を見て納得した。英語圏、特にアメリカ人に多い傾向のようである。
・英語・英文学・故事諺に関する深い造詣のない者が多いため、「He」を「One」に変えること等に平然と賛成する理事が多いという話もある。
・ロータリーにも南北問題が色濃く反映している。従って、「人道的立場」を増強とすればするほど。欧米スタンダードとは異なる意見や主張が横行する可能性が高まるといえる。
(2)ゾーン:RI会長指名委員、RI理事指名委員を選挙するため、細則に従ってRI理事会が編成したRI理事会が編成したRI各地区内のクラブ集団のことをいう。又、ゾーン研究会開催の基盤ともなる。
・世界を34のゾーンに分割
・日本は第1、2(含むグアム・北マリアナ諸島、パラオ、ミクロネシア)、3、4aの4ゾーン。(かつての第4ゾーンは香港、マカオ、台湾を含む)
・ゾーン2:第2570地区(埼玉西部)、第2580地区(東京・沖縄)、第2590地区(神奈川・横浜・川崎)、第2600地区(長野)、第2610地区(石川・富山)、第2620地区(山梨・静岡)、第2750地区(東京・グアム・北マリアナ諸島・パラオ・ミクロネシア)、第2770地区(埼玉東部)、第2780地区(神奈川)
・会長指名委員:偶数年に各奇数ゾーンから1名選出。
・理事指名委員:奇数年に各偶数ゾーンから1名選出。
・ゾーン選出理事は理事会の定める日程に従い、各ゾーンから4年おきに交互に1名指名される。
・ゾーンの構成は原則12年に一度見直し。
(3)ゾーン研究会(ロータリー研究会)
・そのゾーンの内、現、次期、元ロータリー指導者が集まって、現在および将来のロータリー活動と運営を分析、強化、拡充するための意見交換・情報伝達を行う精確かつ最新のロータリー情報研究会。
・RI理事会の承認を得て、RI会長がそのゾーン内の現又は元理事の中から1名ないし2名の招集者を指名して行われる。
・1ゾーン内で複数の研究会、又は複数のゾーンで合同研究会の開催も可。
・極めて高度の充実した情報学習の機会だが、提供された情報が研究会参加者を通じて流通しているかどうかは疑問。
・出席者に情報伝達の手段や予算の裏付けがない。本人の自覚が薄い。