週報タイトル

【週報】平成17年7月6日 第949回例会 第935号
会長:中村 義英 副会長:長沼 一雄 幹事:片岡 邦夫 会報委員長:藤野 勝彦

<2005−2006年度テーマ>
超我の奉仕 RI会長 カール・ウィルヘルム・ステンマー
超我の奉仕 2580地区ガバナー 古宮 誠一
20周年を迎えて、更に大きく『愛』の輪を クラブ会長 中村 義英

本日の卓話
   「新任のご挨拶」

      会長 中村義英 君
      幹事 片岡邦夫 君

次回卓話予定
   「時代を読む」
   (株)ブレインコンサルタント
     代表取締役 平野嘉重様
        紹介者/藤田喜太郎君

前回の記録

【会長報告】<柿沼 会長>
・あすかR.ガバナー補佐武田さん、分区幹事豊田さんにお見えいただいております。よろしくお願い申し上げます。
・100周年記念シカゴ大会に7名の会員で参加してまいりました。すばらしい大会で、世界中からのロータリアンに会って友情をかわすことが出来、世界のロータリーを肌で感じることができました。中村さんありがとうございました。
・後程御挨拶させていただきますが、今日が最後の例会です。一年間楽しいロータリーありがとうございました。
・7月3・4日には変則ですが親睦旅行会が行なわれます。親睦委員会の方よろしくお願い申し上げます。

【幹事報告】<原田 幹事>
・北分区IM報告書が届きました。御覧下さい。
・例会臨時変更のお知らせ
 東京東江戸川ロータリークラブ
 東京板橋ロータリークラブ
 東京池袋西ロータリークラブ
・東京清瀬RCより「ロータリー100周年記念事業」の綴り「鏡」が届いています。
・東京向島RCより、35周年の記念誌が届いています。
会員名簿を新規に作成します。訂正がある方は、修正下さい。

【委員会報告】
《親睦委員会》−井田委員長−
・「鴨川温泉への親睦旅行会」 7月3日(日)〜4日(月)の旅行会は最終的に21名の参加者となりました。本日、乗車券の配布と費用を集めさせていただいております。楽しい旅行にしたいと思いますので皆様のご協力をお願いいたします。

《国際奉仕委員会》−遠藤副委員長−
・100周年を祝うシカゴ大会に6月18日(土)成田を発って、大会へは6月19日(日)日本人朝食会後登録し参加した。当クラブから柿沼会長ご夫妻、永井さんご夫妻、牧野さん、 それに私共夫婦と7名で参加しました。今回、八潮RCのメンバー15名、添乗員1名、総勢23名でシカゴ到着の日に 田中RI理事激励夕食会に出席、翌朝は日本人朝食会に出席、いずれも出席者1,000名を超える大宴会であった。大成功だった。 本大会は登録者40,000〜45,000名ぐらいでしょうか? 大阪大会の倍。人種も多々。シカゴの街中で多くのロータリアンと出会えた。実にスケールの大きい大会、展示などすばらしい国際大会であった。 日本からは3,000名余りが参加。当クラブからももっと多勢で参加してはどうか? 次期は国際奉仕委員長をおおせつかっております。どうかよろしくご指導の程よろしくお願いいたします。

【来訪者】
ゲスト 3 名     ビジター 3 名
【出席報告】
総数 52名, 出席 41名, 欠席 7名, 出席率 85.42%
(休会 1名、免除 3名)
第946回 修正 7名欠席 , 出席率 85
.42%

 
【ニコニコボックス】

■宮沢君
・棒さん、ようこそ!! お電話ありがとうございました。
■柘君
・本日、親睦委員会の活動実務内容手順書なるものをもらいましたが委員である私の名前だけありませんでした。旅行の名簿にも入れてもらえず、陰シツなイジメではないでしょうか。
■宮沢君
・山尾さん、松本さん、柘さん先日は有難うございました。次年度よろしくお願い申し上げます。
■宮村君
・井田委員長、親睦委員会最後の行事の鴨川旅行不参加で申し訳けありません。当日はおおいに楽しんで下さい。
■米山 リー君
・会長と幹事長をはじめ、皆さん、一年間お疲れ様でした。そして、おいしい食事をどうもありがとうございました。来年度もよろしくお願い申し上げます。
■潮田、天笠、永井、大塚、藤野君
・SAAとして、一年間不行届で申し訳ありませんでした。平に平にお詫び申し上げます。反省!!
■上野、松崎、遠藤君
・一年間、出席委員会にご協力いただきましてありがとうございました。

■伊石、井田、宮村、牧野、松本、長沼君
・1年間大変ありがとうございました。
■プログラム委員会一同
・この1年間、プログラムにご協力頂きありがとうございました。何とか穴もあけずに無事終了することができました。お礼を申し上げます。
■植木、海内君
・R.情報委員会です。一年間大変おさわがせ致しました。ご協力心よりお礼申し上げます。
■井田、松崎、遠藤、永井、大塚、上野、植木、海内、山尾、園部、中村、片岡、尾泉、田喜、長沼、吉沼、古谷、矢野、上原君
・柿沼会長、原田幹事、一年間お疲れさまでした。七月から、ゆ〜っくりして下さい。
■柿沼、原田君
・一年間ありがとうございました。
■笹生君
・「最終例会は今日も小雨だった」 ♪全力投球 輝く実跡 柿沼会長の 名残りの涙か アアー それとも車のデパート 原田幹事のうれし涙か 最終例会は今日も小雨だった
■植木、斉藤、海内、中村、片岡君
・次年度分区ガバナー補佐の武田さん、分区幹事の豊田さん、ようこそ。一年間おからだに気をつけておつとめ下さい。

【卓 話】
 

     「就任挨拶」

                 中村 会長
                 片岡 幹事

[会長就任挨拶] 中村会長

 今日より1年間会長を務めさせていただきます。もとより浅学非才の私、会長の器ではありませんが、 会員皆様のご協力と思いやりの心をいただきます事、先ず最初にお願い申し上げます。また今日を迎えるまで、片岡幹事を中心にして、 各委員長には新年度を迎えるための綿密な準備、有り難うございました。特には柿沼前会長・原田前幹事にはご親切なご指導を戴きましたこと 深く感謝申し上げます。
 さて、RI会長のステンハマーさんは今年度の国際ロータリーのテーマを「超我の奉仕」としました。そして「その真の意味をすべてのロータリアンがじっくりと 考えていただく機会が与えられました」といっておられます。また古宮ガバナーは「今年はロータリーの新しい100年史の第1章を書き始める時」と言うRI会長 の言葉を彼のメッセージの中でいっております。
 まさに世界中のロータリークラブにとって今年度はいろいろな意味で重要な年であると思います。振り返って、我がクラブも20周年という大変重要な年を迎えました。 後ほど20周年記念事業について若干触れさせていただきますが、今年度は「20周年」ということを中心に置いてクラブ運営を行いたく思っております。
 次年度事業計画案で述べさせていただきましたが、今年度の方針として中心テーマを三つ掲げました。
「テーマI」 20周年を迎えて、更に大きく「愛」の輪を
「テーマII」 次の20年のために −BRUSH UP ROTARY AGAIN−
「テーマIII」 クラブ全員の「愛」で20周年記念事業の成功
 まず「テーマI」ですが、先に述べましたとおり、RI会長の今年度のテーマは「超我の奉仕」です。このテーマを選ぶにあたって RI会長は“ロータリーの標語の中で「超我の奉仕」の5文字ほど、ロータリーとロータリアンの精神を言い表して いる言葉は無く、ロータリアンを鼓舞する最も意義の深い言葉である”と説明しております。 私は「超我」という言葉を −自己を真に確立した人が、さらにその上に至っての心− と解釈し、 その心をもっての「奉仕」は一言でいえば『愛』であると思います。
 ロータリアンの指針である「ロータリーの網領」「四つのテスト」で言わんとしていることは、 この地球を幾重もの『愛』の輪を重ねようと言う事だと思います。
 20周年を迎えるに当たり何か我がクラブなりの『愛』の発信の有無を議論する機会を設けたいと思っております。
 次に「テーマII」ですが、我がクラブは他クラブから異質なクラブといわれる程、基本に忠実なクラブとして 20周年を迎えました。これは設立当時のメンバーがロータリークラブの有り方に対して強い信念を持ち、 そして理想のロータリークラブを目指して努力してきたたまものだと思います。 しかし当時のメンバーが数人となり時代が流れる中で、いささかその軸が揺れてきているのではないかと 昨今のクラブ内で言われています。次の20年のためにロータリークラブの理想の有り方、 ロータリアンとはの追究に務めたいと思います。
 そして「テーマIII」。日本流でいえば成人式を迎えるめでたい年です。この20年の歴史は重たく受け止めなければ ならないと思います。創立当時の日本経済の繁栄と今日では雲泥の差があります。 急速な右肩下りの20年の中でメンバーの出入りも激しいものがありました。 何しろ全員で20周年を祝いたいと思います。20周年の長島実行委員長、海内・本副委員長のもとかなり 煮詰まった「記念事業」案が先頃発表されました。11月16日、クラブ全員の『愛』で「20周年記念事業」の無魔演成をお願い致します。
 以上3つのテーマ遂行のために、魅力あるクラブ作りに務めたいと思っております。
1.RCは地域での職種代表の自覚を以て入会している方々の集まりです。 RCの原点である「職業奉仕」の実践と全員参加型の社会奉仕を掲げます。 社会奉仕に関しては「隅田公園花の名所づくり」のイベントに台東区より我がクラブに主催団体としての指名があり、 それに答えて7月10日そのイベントを実施することとなりました。全員の参加で公園を花で一杯にしましょう。
2.例会の短い時間では1年かけてもなかなかクラブ全員の人との交流ができないのが現状です。 機会ある毎に家庭集会、あるいはミニ会議をひらいてより多くの会員交流の場を作りたいと思っております。
3.魅力ある例会づくりの試みとして、以前より要望の多かった夜間例会を行うこととしました。 原則として第4例会日に行い、今年度は7回予定しております。 プログラム委員会では魅力ある卓話者の選定に大変な努力をしています。 今年は3クラブ合同例会の幹事クラブにあたっております。皆様のご協力を宜しくお願い申し上げます。
4.クラブは会員が無ければ成り立ちません、今年のRIの会員増強方針は純増1人です、 今日の社会情勢では大変難しいと思われますが、会員増強に関しましてもクラブ一丸となって、 より良い会員獲得のために頑張って戴くことをお願い申しあげます。
 とにかく1年間、片岡幹事と共に浅草中央ロータリークラブの良き伝統と名声を傷つけぬよう務めさせて戴きます。 皆様の限り無い『愛』でどうか一年間お護り下さい。 合掌

[幹事就任挨拶] 片岡幹事

 本年度宜しくお願い致します。只今、中村会長よりご挨拶がありました通りでございまして、柿沼前会長、原田前幹事には色々とご指導頂きまして有難うございました。 又事務局の久保田さんにも気がつかなかった事まで教えて頂きました。
 一年以上も前だと思いますが、例会の後で中村会長に呼び止められまして、幹事をやって貰いたいと云われまして、 「とんでもない!私には時間がありません。とても出来ません」とお話ししたのですが「貴君しかいないのです」と云われて 考え直しお引受けした次第でございます。
 RI及び今期の当クラブの方針につきましては、只今会長からご説明申し上げました通りでございますので、 皆様の絶大なるご協力をお願い致します。
 私は常日頃からうちのクラブは丁度学校の一つのクラスの様なものと考えております。 更にこの浅草という一つの地域に於いて各々の職種の代表としての自覚をもっている方達、 この素晴らしい仲間達と共有する時間を持てるということは私が毎週例会に出席する原動力であります。
 幹事役をお引受けした時には、20周年の担当であることも知らずにいた訳でありますが、どうか会員の皆様のご協力を仰ぎたいと願いつつ、幹事の挨拶とさせて頂きます。