週報タイトル

【週報】平成17年8月10日 第954回例会 第940号
会長:中村 義英 副会長:長沼 一雄 幹事:片岡 邦夫 会報委員長:藤野 勝彦

<2005−2006年度テーマ>
超我の奉仕 RI会長 カール・ウィルヘルム・ステンハマー
超我の奉仕 2580地区ガバナー 古宮 誠一
20周年を迎えて、更に大きく『愛』の輪を クラブ会長 中村 義英

本日の卓話

   「戦前の私等の時代と現在」

       宮崎 茂治 様
         紹介者 岩戸 正一君

次回卓話予定

   「私とロータリー」
       長谷川正雄君
       笹生 貞介君
         紹介者 藤田喜太郎君


前回の記録

【年間100%出席表彰】
齊藤彰悟君 2回        

【会長報告】<中村 会長>
・“隅田公園を花でいっぱいに”の時にいただいてきた彼岸花の球根を家の庭に植えたところ、三日前にきれいな花が咲きました。9月の彼岸時に行う予定の開花イベントの時にまだ花が咲いているか、ちょっと心配です。
・7月8〜18日、スーダンで、5歳以下の子ども約600万人を対象に、ポリオ撲滅を目指して全国予防接種日を実施しました。

【幹事報告】<片岡 幹事>
・愛・地球博「米山デー」参加のお誘いの詳しい資料が来ております。11月迄に登録をお願い致します。米山デーは8月28日(日)です。
・東京臨海R.C.の例会変更の通知がきております。
・柿沼前会長と原田前幹事の慰労会を8月31日(水)の夜6時30分から行きたいと思いますので、奮ってご参加下さい。会場は浅草で行いますが人数によって決定したいと思いますので多数の方のお出でをおまちしております。
・本日卓話をして頂く中野里様の紹介を週報に間違って載せてしまいました。訂正してお詫び申し上げます。
・来週10日は第2週目になりますので理事・役員会を行います。理事・役員の方は出席よろしくお願い致します。
・次の17日は盆休みで
休会になりますので、お間違えのないようご記憶願います。

【委員会報告】
《国際奉仕委員会》−遠藤委員長−
・「カムリー・バンクへの募金のお願い」ポール&ジーンハリスのご自宅の保存・改装のための基金で地元のロータリアン有志が設立した基金。小堀ガバナー年度に話題となり、古宮ガバナーに引継がれたもの。6月16日、グレン・エステスRI会長がオープニング式典に出席、テープカットをされた。この募金は(1)あくまで募金は自由意志で、強制ではない。(2)今回限り。(3)RI財団寄付とは関係ない。(4)世界中のロータリアンに平等に呼びかける。 募金はクラブで8月末までまとめることになっております。皆さん、どうぞよろしくご協力のほどお願いいたします。ただ今から募金箱を各テーブルに廻します。

《20周年記念事業実行委員会》−海内副委員長−
・本日例会終了後、事務局にて本委員会を開催いたします。各チームリーダーの方はお集り下さい。出席していただく方々は、長島さん、本さん、中村さん、片岡さん、大塚さん、永井さん、斎藤さん、長沼さん、岩戸さん、吉沼さん、遠藤さん、笹生さんと私です。

【来訪者】
ゲスト 1 名     ビジター 2 名
【出席報告】
総数 49名, 出席 41名, 欠席 6名, 出席率 87.23%
(免除 2名)
第951回 修正 3名欠席 , 出席率 93.
62%

 
【ニコニコボックス】

■藤田君
・卓話者中野里孝正様、お忙しいところ有難うございます。
■斉藤、柿沼君
・お誕生日のお祝いをしていただき、ありがとうございました。
■宮村、宮沢、岩戸、伊石、遠藤、原田、中村君
・暑中御見舞申し上げます。今年の夏も体に気をつけて頑張りましょう。

■斉藤、小林(博)、小林(雅)、天笠、長島、中村君
・先週夜間例会後の二次会、多数のメンバーが参加して楽しく過ごしました。岡崎さんお世話になりました。
■長沼君
・隅田川花火の成功を祝して。
■太田君
・宮沢さん、いつもいつもありがとうございます。

【卓 話】

「新 成 零 年」
−真剣勝負に勝つ−

                  中野里 孝正 様

○中小企業再生支援協議会とは
・問題はあるが、経営者の再生意欲が強い
・営業利益は計上しているが、借金過多
・メインBKが再建計画を納得していない
・メインBK以外の金融機関の協力が得られない
・一部金融機関がRCC等に債権譲渡した
○中小企業の再生とは
・債権に値する企業か
・債権者(金融機関)にとってメリットがあるか
・協力者(社員・取引先・家族)がいるか
・後継者はいるか
・透明性、倫理性、公正、スピード
○真剣勝負とは
・中小企業支援協議会の土俵に上がる
・経営者の資質を問う(強い、ぶれない信念)
・協力体制の確立(メインBK・金融機関・取引先・社員)
・個人保証を明確(判断・決断・実行)
・10年間の利益(債権カット)