週報タイトル

【週報】平成17年11月30日 第968回例会 第954号
会長:中村 義英 副会長:長沼 一雄 幹事:片岡 邦夫 会報委員長:藤野 勝彦

<2005−2006年度テーマ>
超我の奉仕 RI会長 カール・ウィルヘルム・ステンハマー
超我の奉仕 2580地区ガバナー 古宮 誠一
20周年を迎えて、更に大きく『愛』の輪を クラブ会長 中村 義英

本日の卓話

      「蝶の話」

     光洋精機株式会社

     取締役社長 斉藤 太増光 様


             紹介者 上原洋一君

次回卓話予定

       「ロータリー財団について」

   東京池袋ロータリークラブ
   株式会社 持田製薬会長

               渡辺 進 様

            紹介者 松本勝太郎君


前回の記録

東京浅草中央RC20周年記念大会


第一部   記念例会         会場/4階「飛翔III」の間  司会 副SAA 上野雅宏
16:00 開会点鐘 会長 中村義英
国歌斉唱 ソングリーダー 原田 毅
ロータリーソング 「奉仕の理想」
物故会員への黙祷 司会者合図、物故者読上げ
16:09 会長挨拶 会長 中村義英
16:13 来賓紹介 実行委員長 長島資生
16:18 20周年記念大会挨拶 実行委員長 長島資生
16:22 記念事業発表 実行委員長 長島資生
記念事業目録贈呈式 会長 中村義英
R財団、米山奨学、台東区 介添 潮田幸一
16:34 カンボジア日本語学校目録贈呈 会長 中村義英
16:38 謝 辞 地区R財団
カウンセラー
玉村文夫様
16:40 会員表彰 チャーターメンバー5名
内皆出席1名
会長 中村義英
16:45 来賓祝辞 台東区長 吉住 弘様
ガバナー祝辞代読 地区副幹事 嶋倉 晃様
親クラブパストガバナー 服部 洌様
16:55 閉会点鐘 会長 中村義英
第二部   記念講演                            会場、司会 変更なし
16:55 講師紹介 実行委員長 長島資生
17:00 記念講演 「危機こそ飛躍へのチャンス」 元ヤオハン会長 和田一夫様
18:00 お礼の言葉 幹事 片岡邦夫
第三部   祝  宴     会場/「飛翔I・II」の間  司会 親睦活動副委員長 矢野幸士
18:10 開宴の言葉 副会長 長沼一雄
18:13 鏡割り    区長、服部様、玉村様、里見様、会長、実行委員長 司会者指名
18:17 乾 杯 東京浅草ロータリークラブ会長 里見勝弘様
18:20 祝宴開始
18:45 余 興 カンボジア民族舞踊 ダンサー4名 介添2名
19:10 祝電披露 司会読上げ
19:25 ロータリーソング 「手に手つないで」 ソングリーダー 原田 毅
19:35 閉宴の言葉 副実行委員長 本 健太郎

東京浅草中央ロータリークラブ20周年・記念講演

              「危機こそ飛躍へのチャンス」

                        
元株式会社ヤオハン会長

                                        
和田 一夫 様

略歴/日本には2名しかいない上海栄誉市民称号を授与され、また現在ヤオハン上海は中国一、北京・無錫の両店は、地域一の売上を誇っていると長島実行委員長から紹介された。

講演/私は、現在3つの目的を持っています。
(1)再出発を心に決める
(2)今後の人生の為にITの勉強をする
(3)海外に出て勉強をし直す
『私は何故、倒産したか?』をインターネット上で公開し『どうしたら皆様方のために成れるか?』を若者に伝えようと、福岡県の飯塚にアジアのシリコンバレーを目指し「IT松下村塾」を発足し会長兼社長をお引き受けました。私はITの素人だがここでは新型のモバイル製作を目的に、株式公開へ向けて多くの若者がチャレンジしています。現在、私は全国各地で公演し昨年は200回を超えました。「自分自身が絶えずチャレンジする」ことを若者に伝えて行きたい。





会 場 記 念 写 真
少し緊張ぎみの中村会長挨拶
皇室の様な長島実行委員長「存じます」と挨拶
ハッピ姿で威勢よく記念鏡開き
元ヤオハン会長の会員感動の記念講演でした
ユッタリと踊るカンボジア舞踏団
出席者全員の楽しそうな集合写真

【出席報告】
ご来賓の皆様
会員出席者
ご来賓―――43名
(カンボジア日本語学校先生代理1名含む)
総会員数49名、休会者数1名、出席免除2名
奨学生―李志勇君
交換留学生―長島奨子さん
出席率対象者数46名
事務局――― 2名(久保田・鈴木さん)
出席者数45名、欠席者数1名、出席率97.83%