週報タイトル

【週報】平成18年1月11日 第972回例会 第958号
会長:中村 義英 副会長:長沼 一雄 幹事:片岡 邦夫 会報委員長:藤野 勝彦

<2005−2006年度テーマ>
超我の奉仕 RI会長 カール・ウィルヘルム・ステンハマー
超我の奉仕 2580地区ガバナー 古宮 誠一
20周年を迎えて、更に大きく『愛』の輪を クラブ会長 中村 義英

本日の卓話

      「会長・幹事 年頭挨拶」

            
  会長 中村 義英 
              幹事 片岡 邦夫 

次回卓話予定

        「クラブ協議会」

        上半期事業報告




【誕生日祝】お誕生日おめでとうございます
松本勝太郎君 3日 宮村義男君 5日 園部 容弘君 6日
長島資生君 9日 柘 利徳君 29日

前回の記録

【会長報告】<中村会長>
・今日は日本舞踊について、常磐先生にお話しと実演ということで楽しみにしております。先生のお話しを是非にと云うことで、奥様方も大勢お見えでございます。
・ガバナー事務所より2008〜2009年のガバナーノミニーとして武蔵野R.C.の桜井権司さんが指名されたとの報告をいただいております。
・昨日東京北R.C.の55周年記念大会に行ってまいりました。
・先週のクリスマス家族会は大変楽しい会でした。まさに“喜びと感動”のテーマ通り愛に満ちあふれたクリスマス会でした。親睦委員の皆様、ありがとうございました。
・さて今年最後の例会です。柿沼会長より引き継ぎ約半年、皆様のお陰を持ちまして、何とか、クラブを運営させていただきました。本当にありがとうございました。10日余りで新しい年を迎えます。来年が皆様にとって素晴らしい年であることをお祈り申し上げます。

【幹事報告】<片岡幹事>
・先週の家族会には会員のご家族他、大勢のお客様にお出で頂きありがとうございました。また特に親睦委員会の皆様お疲れ様でした。
・ガバナーから返信を求められている件が一つございます。2004年11月に開催されました国際ロータリー理事会において「財団法人ロータリー米山記念奨学会・ロータリー名称の使用」という議題で取り上げられ、RI理事会は2地区またはそれ以上の地区のクラブが参加する、ロータリーが提唱する奉仕活動及びプロジェクト等を行っているかどうか─という点について、理事会及び例会の承認を得てその採決の結果を報告提出することになっています。理事会では先週既に承認致しましたが、会員の皆さんのご意見をお伺いしたいと思います。挙手でお願いします。
・1月18日の例会はクラブ協議会となっておりまして上半期の事業報告をして頂きます。各委員会の委員長の方はメール又はファックスで、本日が年内最後の例会となっておりますので幹事宛にお送り下さいます様お願い致します。
・新年の初例会は1月11日でございます。1月4日は休会となっておりますので、お間違いのない様ご注意下さい。
・2月8日の3クラブ合同例会の打ち合わせを、本日例会後に行いますので、SAA、親睦、週報、プログラム、出席の各委員長・副委員長の方は、2F事務室にお集まり下さい。

【委員会報告】
《次年度幹事》−永井次年度幹事−
・次年度、SAA委員会、委員長に須藤 宰君をお願い致しました。ご報告致します。
《会員増強委員会》−岩戸委員長−
・当クラブが誇る55才未満の会員にお集まりいただき、会員増強についてディスカッションを致します。
《R.C.交換学生》−長島奨子第42期派遣予定学生−
・みなさん、お久しぶりです!! 42期予定派遣生の長島奨子です。先週のクリスマス会に出席できなくてすみませんでした。クリスマスは1番好きなイベントなので残念です。みなさん、親切に声をかけてくれて、嬉しく思います。そしてお世話になりました。来年もどうぞよろしくお願いします!

【来訪者】
ゲスト 2 名     ビジター 10 名
【出席報告】
総数 49名, 出席 33名, 欠席 13名, 出席率 71.74%
(免除 2名)
第969回 修正 5名欠席 , 出席率 89.
13%

 
【ニコニコボックス】

■常盤 基様
・本日はお世話になります。この出逢いを大切にと思っております。
■植木君
・本日卓話をお願い致しました。花柳基先生をご紹介させて頂きます。
■山尾、永井、藤田君
・花柳基(はなやぎもとい)様、本日の卓話、楽しみに致しております。
■宮村、山尾、上野、柿沼、植木、永井、長島、太田、古谷、中村、片岡、藤野、吉沼、長沼君
・親睦委員会の皆さん、クリスマス会はお疲れ様でした。楽しい会の設営をしていただき、ありがとうございました。

■斉藤君
・クリスマス会、トナカイさん、サンタクロースさん、息子が大変喜んでおりました。大変ありがとうございました。
■松崎君
・先週クリスマス会、天罰が当って欠席を余儀なくされました。ご免なさい。
■遠藤君
・誕生日のお祝いをいただき、ありがとうございました。
■上野君
・ビューホテルの岡崎様、色々とご配慮いただきありがとうございました。

【卓 話】

      「日本舞踊って・・ナァニ?」

           花柳基舞踊稽古所代表
           東京上野ロータリークラブ

                     常磐 基 様

                        紹介者 植木 榮君

 舞踊という言葉は坪内逍遥が作った言葉です。日本の伝統芸能の集大成が日本舞踊で、具体的に言うと能の様であり、また躍動感が有リ、そこに音楽では長唄、清元、常磐津などを組み入れ、侘び錆び粋や悴などあらゆる要素が詰まっている繊巧芸能(技巧がこまかく、上手なこと)が日本舞踊である。
 日本舞踊の大きな特徴として『所作』というのがある。立ち居振る舞いのことで、振りの要素、昔の言葉で振り事とか申しますが「舞」「踊り」「仕草」の3つの仕草を総じて所作という各々のご説明を、時に激しく荒々しく、また艶めかしい舞と踊りと仕草を組み入れながら、息も切らさぬ仕草に時も忘れアッと言う間に例会は終了されました。その一連の素晴しい技に我々会員全員が魅了され感激のひと時でした。