会長・幹事挨拶

会長挨拶 「会長就任あいさつ」

国際ロータリー テーマ

「インスピレーションになろう」

クラブ テーマ

「親睦による、充実したクラブライフを」

今年度の方針は「親睦による、充実したクラブライフを」に致しました。

私たちのクラブも、若い会員が増えてきまして、日ごろの活動にも一段と活気が出てきました。年齢も上から下までですと40年近い差があります。このギャップを週1回の例会の活動で埋めていくことはなかなか困難に感じます。

そこで、例会活動の他に親睦活動(夜間例会、炉辺、任意でゴルフ同好会、男の料理教室、カラオケ同好会)があり、この活動を更に活性化して世代を超えて楽しめる、充実したクラブライフを目標に行動していきたいと考えております。

我クラブには、ロータアクトクラブもありますので更に若い世代との親睦をコラボレーションしていかなければなりません。年配の会員にもどんどん親睦活動に参加頂き、アクトクラブとの接点も強く持って頂ける会にしていけたらと思います。

本年度も、10月に東日本大震災の復興支援の一環としております、「フラダンスフェスin浅草」を浅草神社で行いますが、この事業もアクトクラブの協力のもとに我クラブの通年のメイン事業として行われますが、年々充実されて来ていると感じています。

今年の1年間は以上のように親睦活動の充実に力を入れ、一方では炉辺等でロータリーに詳しい先輩方に、議題を決めた講習等も組み入れ、実のある年にしていきたいと思います。

未熟な会長ではありますが、会員の皆様が楽しく充実してクラブライフが送れますよう努力致しますので1年間よろしくお願いいたします。

会長:浜中 清

幹事挨拶 「幹事就任挨拶」

私個人のロータリー入会は、1990年1月、同期には中村さん、長沼さんがいます。この年度1989年~1990年は、9人の新入会員が生まれ、粗製乱造年度と呼ばれました。<因みに前年度は5名>
その後、2007年~2008年に会長を経験させていただきましたが、縁があり2015年~16年山尾会長の時に幹事を拝命いたしました。

「幹事としての心構え」については、クラブテーマである「親睦による充実したクラブライフを」実践するため会長を補佐し、クラブ運営が円滑に進められる環境を各委員会と協力して整えるとともに、会員相互の親睦が深まり、クラブ活性化につながるよう努めてまいります。

具体的には、クラブの今年度行動目標として

① 社会奉仕活動
・東北支援活動としての「フラダンスフェス イン・浅草」の継続と更なる活性化をめざす。

② 親睦活動によるクラブ活性化
・夜間例会を増やし、会員同士の親睦を増やす。
・ローターアクトとの親睦を増やすために、ロータリー会員のロータアクト例会への積極的な参加を促進させる。

③ 会員増強
・昨年度に続き、5名以上の会員増強を目標に置き、会員各自がインビテーションカード等を利用して、積極的な募集活動をする。

④ 研修活動
・ロータリー特別月間には、地区各位委員会より卓話者を依頼して理解を深める。

又、本年度は藤掛北分区ガバナー補佐をはじめ多くの会員が地区に出向しており、フォローをして参ります。以上のように、盛りだくさんの年度となりますが、この1年間メンバー皆様のご協力をお願いしまして「幹事挨拶」とさせていただきます。

幹事:斉藤 彰悟