会長・幹事挨拶

会長挨拶 「会長就任あいさつ」

国際ロータリー テーマ

「変化をもたらす」

クラブ テーマ

「身も心も健康で、前に進もう」

 

今年度の方針は(身も心も健康で、前へ進もう)です。

超高齢化社会を迎えた日本は今まで以上に健康について考える事が重要と思います。すでに多くの高齢者はラジオ体操、散歩などを積極的に行っておりますし、栄養のバランスを考え、食事の内容についても気をつけていらっしゃる方が多いと思います。当クラブも年々平均年齢が上がってきていますが、健康でいれば高齢になっても多くの事ができると思います。80歳、90歳でゴルフをされている方もおありますし、高齢になってもこんなに元気で色んな趣味やボランティア活動を楽しんでいるよ、という事を若い世代に伝えていく事もロータリアンの大事な仕事の一つだと思います。

また、今年度も東日本大震災の復興支援活動の一環として“フラダンスフェスin浅草”を浅草神社で開催いたします。元気な高校生たちが普段の練習の成果を発揮して精一杯頑張っている姿は、多くの人達に感動を与えてくれる事でしょう。その裏方を務めながら我々も大いに楽しみ、頑張りたいと思っています。

浅草中央ロータアクトの皆さんも精力的に活動をしておりますし、我々も連携を密にしながら今後も全力でサポートしていきたいと思います。

今年は、多くの感動が分かちあえる1年にしたいと考えています。毎週の例会を通じて会員同士の親睦を深め、毎回充実した例会ができますように努力していく所存です。1年間よろしくお願いいたします。

会長:田村順二

幹事挨拶 「幹事就任挨拶」

初めに、事業計画の作成にあたり、理事、役員の皆様のご協力を頂きありがとうございました。

さて、なぜ私がこの役職を引き受けする事となったかをご説明させて頂きます。遡ること事3年前、渡辺さんが会長役職の引き受けを決心した頃、スタッフ(幹事、理事、役員)の決定に相当な不安を持ったと思われ、突然、未熟者の私へ幹事役の打診を頂きました。本来ならばノーと言わないロータリアンでしたが、渡辺会長と、私の幹事では中央ロータリーの運営に不安を感じましたので思わずお断りしてしまいました。その後、立派な岩田幹事が決まりほっと致しましたが、その反面で渡辺さんのお声がけをお断りしました事を大変後悔しておりました。次に、声がかかった時に絶対にお引きをすると心に誓いました。

翌年、また渡辺会長から田村次年度会長の引き受けに、浜中幹事が条件なので引き受けてほしい、との打診が突然来ました。しかしながらもう後悔はしたくないので、二つ返事でお引き受けする次第となりました。

最初の幹事打診より2年たちましたが、未熟な私に変わりはありません。田村会長の信頼を裏切らないよう1年間、黒子として頑張っていく所存ですので、皆様宜しくお願い致します。とはいえ、幹事としての仕事が何もわかっていません。次年度の準備が何をしてよいか分からず、迷惑を顧みず、斎藤会員より貴重なお時間とご指導を頂き、何とかスタートを切ることが出来ました。

本年度の田村会長の「身も心も健康で、前に進もう」の標語のもとで、楽しく、充実したクラブライフが送れるように努力致します。10月のフラダンスフェス・イン浅草も盛り上げ、成功裡に終われるように頑張ります。3クラブ合同例会も、藤掛実行委員長の下で他クラブと連携して有意義な例会になるよう努力致します。

わたしは、こう見えても少し几帳面で、真面目で、せっかちで、小心者です。今年は、几帳面と真面目を前面に出し職務をこなそうと思いますが、皆様のご協力なくしては、田村会長を支えきれません。なにとぞ、田村年度が「前に進める」年度になるよう、大きなご支援、ご指導を頂けます様宜しくお願い致します。

幹事:浜中 清